テーマで巡るイタリア 〜ミモザの日〜 を開催しました

Posted コメントするカテゴリー: テーマで巡るイタリアイベント
Il Giorno della Mimosa(ミモザの日)とは

世界的に行われる3月8日の「国際女性デー」は、イタリアでは「Festa della donna(フェスタ・デッラ・ドンナ)」もしくは「L’otto marzo(オット・マルツォ:3月8日)」と呼ばれていますが、この日のシンボルがミモザの花であることから、一般に「ミモザの日(Il giorno della mimosa)」として広く親しまれています。

この日は、この時期にシーズンを迎える黄色い花「ミモザ」を男性から女性にプレゼントするのが習慣です。ひな祭りのように小さい女の子だけではなく、おばあちゃんになっても、ずっとお祝いしてもらえる女性にとっては素敵な一日。男性は街の至るところに出る屋台でミモザの花束を購入し、妻や恋人だけではなく、母親や祖母まで、年齢に関係なくミモザをプレゼントします。また、女性が街を歩いていると「Auguri!(アウグーリ:おめでとう)」「フェスタ・デッラ・ドンナ!!」と沢山の人が声をかけてくれ、女性であることに喜びを感じられる一日。そしてこの日、女性は家事から開放され、リストランテがどこも女子会で満席になってしまうほど街中の賑わいが続きます。

 

新潟イタリア協会のイベントテーマとして

昨年から新潟イタリア協会のイベントの一つとして始まった、この「ミモザの日」。イタリアに習い、協会の女性会員の参加者に感謝の気持ちを込めてミモザをプレゼントしています。

会場は昨年と同じ新潟市古町にあるリストランテ「アンフォラ(La Anfora)」さん。長谷川副会長がミモザをテーマにしたお料理をオーダー。乾杯もカクテルの「ミモザ」と、ミモザが溢れるセッティングをしていただきました。

お料理はアンフォラのオーナーシェフ、本間さんお得意のボリュームたっぷりのシチリア料理を堪能しました。また、今回ベガン(Began)の料理もお願いしたのですが、一人前でもきちんと作っていただきました。先日のブルネッロさんでもそうでしたが、新潟のイタリア料理人の方々は本当にすごいと感じます。

趣旨も解りやすく、また、参加した方々の笑顔も数倍になるこの素敵なイベントは、今後、当協会の定番イベントとして、長く続けていきたいと思っています。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。そして、参加が叶わなかった方々、次回のイベントでまたお会いしましょう。

テーマで巡るイタリア 〜イタリアのお惣菜〜 を開催しました

Posted コメントするカテゴリー: テーマで巡るイタリアイベント
il Piatto

2017年のトップを飾るイベントとして選ばれたテーマは「イタリアのお惣菜」。

会場になった新潟市西区にあるイタリアンレストラン「ダ・ブルネッロ(Da Brunello)」さんは普段からお惣菜のテイクアウトができるお店としても有名。オーナーシェフのブルーノさんが生まれ育ったエミリア・ロマーニャ州のお料理を中心に提供しておられます。

この日のお料理もイタリアで食べられている家庭料理が次々と供され、最後にブルーノさんからお料理の説明などを伺いました。

参加人数は会場の関係で15名とここのところのイベントに比べて少ない定員でしたが、参加された方々全員でお話ができるなど、少人数ならではのメリットも有りました。今後はこのようなコンパクトな催しもどんどん検討してみたいと考えています。

テーマで巡るイタリア 〜トスカーナ州2016〜 を開催しました

Posted コメントするカテゴリー: テーマで巡るイタリアイベント
今年もニコラさんをお迎えして

10月8日の「イタリア中部地震復興支援チャリティコンサート」の後、イタリア軒12階 スカイバンケットにおいて、『テーマで巡るイタリア 〜トスカーナ州2016〜』を開催しました。

今回のテーマはトスカーナ州。再来日した、フィレンツェのリストランテ「Da Lino(ダ・リーノ)」のメインシェフ、ニコラ・ドルフィさんを昨年に引き続きお迎えして、お料理を担当していただきました。

会の冒頭、ニコラさんからのご挨拶として、去る8月24日に発生したイタリア中部地震で最も大きな被害を受けた都市、アマトリーチェの様子についてお話いただきました。この震災は未だ復興の目処が立っていないこと、イタリア国内が心を痛めていることなど、イタリア国内でも非常に重く受け止められており、今、協会として取り組んでいる、アマトリチャーナによる復興支援や今回のチャリティコンサートなどについて謝辞をいただきました。

挨拶のあとはニコラさんから今回のお料理についてのご説明。昨年もお作りいただいたフィレンツェの郷土料理「パンザネッラ」を始めとする様々なフィレンツェ料理を土田事務局長との軽妙なやり取りで会場を沸かせてくれました。そして、何と言ってもアマトリチャーナ。実は予定したメニューには入っていましたが、まさかニコラさんにその場で作っていただけるとは思ってもみませんでしたので、とても嬉しいサプライズでした。被災地支援のためにと作って下さるその「心意気」、嬉しい限りです。

チャリティイベントも開催

会の中盤には、チャリティオークションを開催、会員持ち寄りのイタリア関連グッズがオークションにかけられました。
【出品物】
・長谷川副会長:フィアットグッズ(傘・ワインのエチケットホルダーなど)
・土田事務局長:マキネッタで淹れるエスプレッソ一杯ずつ
・大澤理恵さん:ミラノ万博記念グッズ(キーホルダー、日本館の缶バッヂ、ベネチアングラスの栓抜き)
・瀬戸 潔さん:イタリア土産のランブルスコと、セトワイナリーの白ワイン
トラットリア・ダイ・パエサーニさん:自家製野菜のピクルスやジャムなど8個

このオークションの売上については、会場で行った募金とともに義援金として被災地に送らせていただきます。

コンサートから始まり、チャリティ中心となりましたが、あっという間の一日でした。
最後にもう一度。ニコラさん、今年も美味しいお料理をありがとうございました。またお会い出来ることを楽しみにしています。これをご覧の皆様も、フィレンツェに行く機会には、是非ニコラさんのお店にお立ち寄りください。
そして、今回のお食事会の実現にご尽力いただきました、ホテルイタリア軒スタッフの方々にこの場をお借りして感謝申し上げます。

ご参加いただいた方々、たくさんのご支援ありがとうございました。また次のイベントでお会いしましょう。

Forza!Amatrice!

 

海のイベント「イタリア式バーベキューのススメ」を開催しました

Posted コメントするカテゴリー: テーマで巡るイタリアイベント

今年も海のイベントを開催しました。
日時:2016年8月28日(日) 16:00〜
場所:関屋浜「光海亭」さん(参加総数30名)

今回のテーマは「イタリア式バーベキュー」。昨今人気のバーベキューを、長谷川副会長が入念にリサーチした「イタリア式」にしてお腹いっぱい味わおうという企画。

お料理は、メインのバーベキューがNIQ+光海亭コラボレーション、豪快なビステッカとソーセージ(少しだけ自家製サルシッチャ入れました)、お惣菜は新潟市西区寺尾前通1丁目の「ダ・ブルネッロ」さん。デザートは「オステリア・バッコ」さんと豪華なメニュー。満足度バツグンのバーベキューになりました。

心配していた天候も、台風一過で風もなく穏やかな気候、バーベキューの後にはスイカ割り大会も開催、会員の皆様と夏の終わりを満喫した一日でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。また次のイベントをお楽しみに。

テーマで巡るイタリア 〜 アブルッツォ州 〜

Posted コメントするカテゴリー: テーマで巡るイタリアイベント

Gita a TOKYO 2016 の前半として「テーマで巡るイタリア 〜アブルッツォ州〜」を開催しました。

会場は東京都新宿区西早稲田にある日本で唯一のアブルッツォ料理店「トラットリア・ダイ・パエザーニ」。ここで出されるお料理に使われる野菜は全て千葉県佐倉市の農場で自家栽培されたもの。また、サルシッチャやサラミなどもオーナーのジュゼッペ・サバティーノさんの手作りです。

また、メインシェフのダヴィデさんは日本のイタリア大使館で5年間シェフを勤めた経歴をもつなど実力派揃い。
二人によるアブルッツォの郷土料理を堪能しました。

食事中、ジュゼッペさんの説明はお料理にとどまらず、アブルッツォ州の詳細な説明にまでおよび、アブルッツォの「火祭り」と福島県須賀川市の「松明あかし」に意外な共通点があるなど、文化面にまでおよび、とどまることがありませんでした。同郷のマリオ会長とのアブルッツォ弁を駆使した掛け合いも絶好調、想像以上に濃い時間を過ごすことができました。

テーマで巡るイタリア 〜 ミモザの日 〜

Posted コメントするカテゴリー: テーマで巡るイタリアイベント

毎年3月8日は国連が定める「国際女性デー(Giornata Internazionale delle donne)」として有名ですが、イタリアでは「ミモザの日(Il giorno della Mimosa)」というほうが有名。

イタリアの3月8日は政治的な意味合いを持った1日というよりも、「すべての女性に対して感謝の気持ちをミモザの花とともに贈る1日」になっています。ひな祭りのように小さい女の子だけではなく、おばあちゃんになっても、ずっとお祝いしてもらえる女性にとっては素敵な1日。男性は街の至るところに出る屋台でミモザの花束を購入し、妻や恋人だけではなく、母や祖母まで、年齢に関係なくミモザをプレゼントします。また、女性が街を歩いていると「Auguri!(アウグーリ:おめでとう)」「フェスタ・デッラ・ドンナ!!」と沢山の人が声をかけてくれ、女性であることに喜びを感じられる一日。そしてこの日、女性は家事から開放され、リストランテがどこも女子会で満席になってしまうほど街中の賑わいが続きます。今回はそんな「ミモザの日」をテーマに古町のリストランテ「アンフォラ」さんでミモザをイメージしたお酒や、春を先取りしたお料理をお楽しみいただきました。

ミモザで溢れる店内と、たっぷりのイタリア料理に参加した方々もご満足いただけたようでした。

 

テーマで巡るイタリア 〜ミモザの日〜 開催のお知らせ

Posted コメントするカテゴリー: お知らせテーマで巡るイタリア

dellamimosa_eye毎回テーマを設定してイタリア料理を食べ歩く『テーマで巡るイタリア』、今回のテーマは「ミモザの日」です。

毎年3月8日は国連が定める「国際女性デー(Giornata Internazionale delle donne)」として有名ですが、イタリアでは「ミモザの日(Il giorno della Mimosa)」と呼ばれ、男性が日頃の感謝の気持ちを込めて妻や恋人、おばあちゃんや妹などなど、身近の女性にミモザの花を送る習慣があります。その日は可憐なミモザを手にした女性の姿があちこちに溢れ、イタリア中が黄色に染まります。

 

今回は、古町のリストランテ、アンフォラさんでミモザをイメージしたお酒や、春を先取りしたお料理をお楽しみいただくという企画です。皆様のご参加をお待ちしています。

日  時:2016年3月9日(水) 18:30~20:30
会  場:Ristorante Italiano Anfora(アンフォラ)(新潟市中央区西堀5番町840−1)
参  加  費:5,000円
定  員:25名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
参加受付:3月6日(日)まで
申込方法:下記のいずれかの方法にてお申し込み下さい。

○協会メール
niigata.italia@gmail.com宛てに、お名前、参加人数、ご連絡先を明記のうえお申し込み下さい。折り返し受付確認のメールを返信します。
○事務局携帯電話
070-6461-0854 (担当:関川)
※留守電にお名前と参加の旨をお伝え下さい。折り返し確認の電話を差し上げます。
○Facebook
新潟イタリア協会公式Facebookページのイベント案内「テーマで巡るイタリア ~ミモザの日~」からご参加下さい。www.facebook.com/niigata.italia

備  考:キャンセルはお料理等の準備の都合上、3月7日(月)までとさせていただきます。それ以降はやむをえずキャンセルされた場合でも後日会費をいただきますので予めご了承下さい。

収穫祭 〜 Sagra del Vino 2015 〜

Posted コメントするカテゴリー: テーマで巡るイタリアイベント

新潟イタリア協会として初の収穫祭「Sagra del Vino 2015」を開催しました。

まず前半はぶどうの収穫、通常は9月下旬から10月上旬に収穫を済ませてしまうとのことですが、瀬戸さんがこの日のためにぶどうを残しておいてくれました。採取の仕方やぶどうの見方などをレクチャーいただきながらそれぞれに手摘みをしていました。。そして収穫後はワイナリーツアー。普段見ることのできない醸造の機械や道具を前に、瀬戸さんの説明に聞き入っていました。

一番の心配だった天候も、ブドウ収穫とワイナリーツアーの際には日が差しこみ、その後屋内に移動し乾杯した後雨が降る、といったように運にも恵まれての開催でした。

この日のお料理は、オステリアバッコの三善シェフのケータリング。この日のメインである新酒のワイン「ホイリゲ」の原料となったぶどうに合わせて北イタリア〜オーストリアにかけた地域の郷土料理を作っていただきました。

マリオ会長からはイタリアのサグラについてお話いただき、瀬戸さんのワインと三善さんのお料理の相性も抜群、言うことなしの収穫祭でした。この「サグラ」、これを機会に毎年の恒例行事としていきたいと考えています。

参加いただいた皆様、お疲れ様でした!

『テーマで巡るイタリア』〜トスカーナ州〜(最終回)

Posted コメントするカテゴリー: テーマで巡るイタリアイベント

 

私達に「トスカーナの味」を残してくれたニコラさんは、この二日後日本を離れました。

会の最後、ニコラさんはマルコポーロのシェフ達を「彼らにお料理のDNAをしっかりと受け継いだ。」と紹介してくれました。これからもニコラさんのお料理を新潟で味わえることは大変喜ばしいと思うとともに、この場を借りてニコラさんに改めてお礼を言わせていただきたいと思います。

 

また、ニコラさんは、帰国後も当協会のFacebookページや写真をシェアしていただくなど、積極的に関わってくださっていて、このFacebookページも今までと違った方面に拡散し始めています。こちらも今後の展開が楽しみになってきました。

最後に、今回Facebookにアップした写真をInstagram(インスタグラム)でもご覧いただけるようにしてみました。ご紹介しきれなかった写真についても多数アップしています。こちらもどうぞ御覧ください。
今後は、協会のイベントの写真のシェアの方法のひとつとして活用を検討してみたいと思います。

【新潟イタリア協会公式 Instagram】
https://instagram.com/niigata.italia/

『テーマで巡るイタリア』〜トスカーナ州〜(その5)

Posted コメントするカテゴリー: テーマで巡るイタリアイベント

【Dolce ~ デザート ~】
《プラート風ビスケットと甘い白ワイン(Cantuccini di Prato con Vin Santo)》

食事の後、食後酒にビスケットを浸して味わうのがトスカーナの習慣、この地方のどこのリストランテやエノテカ、バーに行っても、セットで愉しむ事が出来る”定番中の定番”と言えるドルチェです。

ヴィン・サント(Vin Santo)はトスカーナ地方の代表的な食後酒。文字通り「聖なるワイン」と呼ばれるこのお酒は干しブドウから造る「パッシート(Passito)」と呼ばれるワインの一種です。

取り入れたブドウを陰干しして、レーズン状にしたものを醸造し、少なくとも3年は樽で熟成させたもの。当然アルコール度も糖度も高くなり、口に含むととろっとした甘みが華やかな香りとともに広がります。
http://www.wine-searcher.com/regions-vin+santo

もう一方のプラート風ビスケット「カントゥッチーニ(Cantuccini)」は固めのアーモンドビスケットで、トスカーナ州北部の内陸に位置する中世から続く城塞都市プラート(Prato)の古くからの郷土料理のひとつ。

ビスケット(イタリア語でBiscotto)本来の意味どおり2度焼き「bis(もう一度)+cotto(焼く)」された焼き菓子で、噛んだときの軽やかな音から、「小さな歌」という意味の “Cantocci” が語源です。
このカントゥッチーニはフィレンツェ市内のパン屋さんなどでも小売されていて、手軽に手に入れることができ、日持ちするのでお土産にも向いているそうです。
http://lacasamia2.exblog.jp/23003068/

カントゥッチーニはしっかり焼かれているだけあって、浸しても崩れにくく、ひととおり食べ終わった後でも十分ヴィン・サントが楽しめたのは意外でした。さらに、ワイン醸造家の瀬戸さんからもヴィン・サントを解説していただき、「テーマで巡るイタリア」ならではの贅沢なひとときでした。