テーマで巡るイタリアイベント

テーマで巡るイタリア 〜ピエモンテ州〜(最終回)

いかがでしたでしょうか、今回の「テーマで巡るイタリア」。

最後に、今回のイベントでお料理をご担当いただいた新潟市のイタリア料理店「トラットリア・アズーリ(Trattoria Azzurri)」のオーナーシェフ、石山淳一郎さんをご紹介します。

石山さんは新潟出身の1973年1月7日生まれ。鉄鋼系大手企業在職中に料理人を志し、1999年にピエモンテ州政府認定校ICIF(Italian Culinary Institute for Foreiners/外国人のためのイタリア料理学校:イチフ)で1年間イタリア料理留学。

ピエモンテ州アスティのミシュラン一つ星のリストランテ「イル・カシナーレ・ヌオーヴォ」、エミリア・ロマーニャ州ピアチェンツァのミシュラン一つ星のリストランテ「リーバ」でイタリア料理を習得後、2000年に再度渡伊、カンパニア州ソレントの現在ミシュラン二つ星のリストランテ「クアトロ・パッシ」などで腕を磨き、2002年に帰国。
東京都市ヶ谷のイタリア料理店「ラ・スカルペッタ」で3年間を過ごした後、2006年から新潟でイタリアンのケータリングを始め、2010年にチャレンジショップ(二年間半の期限付き)新潟市西堀ローサに「トラットリア・ペルウーノペルウーノ」開店。
そして2014年4月から新潟市東堀前通りで「トラットリア・アズーリ」を開店し、現在に至ります。
さらに2015年4月には西蒲区巻で二号店「トラットリア・アズーリ巻店」を開店するなど、ご自身のイタリアンを精力的に展開しておられます。

今回はお得意のケータリングで腕を振るっていただきましたが、ずらりと並ぶお皿と、一気にサーブされる手際の良さは圧巻。温かいお料理に、参加された皆様もとても満足そうでした。
石山シェフ、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です